子どものデジタルゲーム利用に対する保護者の意識と介入行動調査

本調査での「デジタルゲーム」とは、「テレビゲーム・パソコンゲーム・スマホ等携帯端末でのゲーム」を指す。

 

調査目的

従来では・・・

子どものテレビゲーム利用に対する悪影響論が根強く、テレビゲームの描写、特に暴力などの社会的に望ましくないものに対する批判が強かった。

テレビゲームを自分自身で利用したこともなく、また、子どもにテレビゲームを利用させることに不安を持つ親が少なくなかった。

現在では・・・

テレビゲームの描写内容によって、利用推奨年齢やどのような描写が含まれているかを示すレーティングをテレビゲームソフトに付与するレーティング制度が実施されている。

青少年の時分にテレビゲームで遊んでいた世代が親世代になっており、子どもだけでなく、親も一緒にデジタルゲーム利用をしている家庭も見られるようになってきた。

 

上記の社会変化を受けて、子どもを持つ親の子どものデジタルゲーム利用に関する意識や養育行動の現状を把握することを目的として調査を実施した。

本調査では、親の子どものデジタルゲーム利用に対する意識に関する調査を実施した。

 

調査対象

日本在住の3歳から18歳までの子どもをもつ親1000名を対象とした。

 

主な結果

子どものゲーム利用

最近1年の間にデジタルゲームで遊んだことがある子どもは、61.8%であった。学齢別では、就学前は40.5%、小1~小362.0%、小4~小674.6%、中学生は67.3%、高校生は64.5%であった(詳しくはQ9の表を参照)。

子どものゲームの利用頻度を親が把握している程度については、ゲーム利用をしている子どもの親のうち、「全く把握していない」は14.4%、「ある程度把握している」は67.0%、「正確に把握している」は18.6%であった(詳しくはQ10の表を参照)。

 

学校のある日については、1時間以下の利用時間帯の回答が多く見られ、学校のない日については、2時間以下の利用時間帯の回答が多く見られた(詳しくはQ11の表を参照)。

Survey of Parent Awareness and Parent Behavior Concerning the Use of Digital Games by Children

In this survey, “digital game” refers to video games, PC games, and smartphone and other mobile device games.

 

Purpose of survey

Conventional concepts 

Deep-rooted opposition to use of video games by children with strong criticism of video game imagery, particularly violence, as having a negative impact on society.

Decline in number of parents who have never personally played video games and in parents with concerns about allowing children to play video games.

Current environment

Rating system in place that assigns ratings to video game software indicating recommended age of use based on video game content or game imagery.

The generation of people who played video games during their youth are now becoming parents, resulting in households where the parent plays digital games together with the child.

 

Considering these social changes, we surveyed the state of parental awareness concerning the use of digital games by children and subsequent parental behavior.

For this study, we conducted a survey of parental awareness concerning the use of digital games by children.

 

Survey targets

We surveyed 1000 parents living in Japan with children age 3 to age 18.

 

Main findings

Use of games by children

61.8% of children had played a digital game within the past year. By age, this was 40.5% for preschool age children, 62.0% for first through third grade children, 74.6% for fourth through sixth grade children, 67.3% for middle school age children, and 64.5% for high school children (refer to Table Q9 for details).

Regarding to what level parents are aware of how frequent their children use games, among parents whose children play games, 14.4% responded “I have no idea”, 67.0% responded “I have some idea”, and 18.6% responded “I know precisely” (refer to Table Q10 for details).

 

For school days, many responded to a period of use of one hour or less and for non-school days, many responded to a period of use of two hours or less (refer to Table Q11 for details).